電話 03-3982-9100 メール asas@asas.co.jp 営業時間:9時30分~18時00分
エスエーエス株式会社

ご挨拶

企業の業務もグローバル化の波にもまれ、多くの企業は効率化・多様化に対応できる取組を進めています。弊社は小さな会社ではありますが、複雑化するお客様ニーズに、迅速・的確にお応えできますよう日々努力して参ります。 今後益々IT技術の進展に伴うビジネス全般の急激な変貌が予測されますが、弊社はいかなる場合においても、「品質第一」を掲げ、お客様業務の一助となりますよう、コンサルティング、最適なソリューションを提案・構築させていただきます。 社員教育におきましては、「知る喜び・作る楽しみ」をモットーに、全社員日々スキルアップに取組んでおります。サーバーOSやデータベースの導入、WebのPerlやAspの開発環境の作成を全社員に経験させ、業務システムの開発ではセキュリティと使う方の操作性を最も重視しています。NetFramWorkにより、CもJavaもVBの言語による違いがなくなり、また、Aspやスマートクライアントの手法により、Web環境でも操作性の良い開発ができます。最新の高度な知識もまず体験することで、全社員が笑顔で習得に努めております。 今後、多様化・高度化・複雑化するお客様ニーズに迅速・的確に対応し、お客様の満足(笑顔)にお応えするために、社員一同挑戦を続けて参ります。 今後ともより一層のご高配を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


                      代表取締役   吉 田 修 二


受託開発の取り組み

ユーザーからシステム受託する会社が少ない状況になりました。大手SI企業に案件が集中しています。これでいいのでしょうかと疑問を提起します。大手企業の社員も暇な人材はいません。大きなシステムを受託すると、小さなシステムハウスから人材を集め開発が終了すると解散します。 結果、社内に開発者が不在の課題があります。従って、お客様の変更やサポートになると開発当時者つまり小さな会社に問合せを依頼します。お客様からすると間接のコストを負担することになります。 当然、一括して請け負う業者(企業)のSIであれば責任をもって開発を行いますのでコストは高くなります。弊社も下請けの恩恵を受け開発に参加します。 また、大手SI企業がお客様の窓口で下位の会社が設計者で更に下位の会社がプログラム開発という構造でいいのでしょうか。受注窓口は設計した経験がなく設計者はプログラムを作成したことがなく、設計者がデータベースを構築したことがないとなれば、開発効率に問題があり業務に適したシステムの開発がスムーズにならないと推理できます。 SIシステムハウスに業務を理解しかつネットワークもシステム機能も設計しプログラムも開発し、できれば機器についても見積もりができる人材がいれば、開発効率も高くコストも軽減になると考えます。  
   また、小規模システムは請け負う会社が少なく、個人に依頼することが目立っています。コストは安くなるでしょうが、運用サポートや修正や機器に関しては十分といえるでしょうか。 一企業で、業務を理解しかつネットワークもシステム機能も設計しプログラムも開発し機器もわかる人材がいれば、開発効率も良くなります。 弊社の取り組みは業務/システム全体に対応でき、後からの追加変更に応えサポートも開発者が直接行う体制です。社内に開発時の環境を保存することも基本にしています。 小規模システムの開発は、是非、弊社にご依頼いただきますように、お願いいたします。


                      システム部長   成 田